子育てブログ 緑内障のパパだって子育て♪

両目とも緑内障…でも、子どもの成長はバッチリ見える!そんなたかパパが、子どもの伸ばし方、子育てのイライラ解消法などのお役立ち情報をお届けするブログです\\\\٩( 'ω' )و ////

【知っトク!】そんなにヤバいの!?虐待を受けて育った子どもの寿命は20年縮まる!?

f:id:TAKA-PAPA:20191214123053j:plain


どうも!たかパパです!

 

今日は、ちょっと重いテーマ・・・

 

子どもの虐待について書いていきます。

 

だいたい虐待をする親なんてろくでもないやつだ!(。-`ω-)

 

たかパパもそう思っていました。

 

ところが、来年4月から児童虐待防止に関する法律が変わり・・・

 

体罰が虐待になるんです!!

 

えっ?そんなの駄目に決まってるじゃん??(´゚д゚`)ナニヲイマサラ

 

そう思いますよね。

 

違うんです!

 

この体罰の定義が恐ろしいことになっているんです!((((;゚Д゚))))

 

 国が作っている手引きの中に・・・

 

『身体に何らかの苦痛又は不快感を引き起こす行為(罰)は、どんなに軽いものであっても体罰に該当し、法律で禁止されます』

 

と、書かれています。

 

つまり、

 

( ' ^'c彡☆))Д´) パーン

 

ってのはもちろん、

 

( ´Д`)σ)Д`*)ダメッテイッタロ~

 

みたいのも体罰になってしまう。

 

マジかよぉ~~(;゚Д゚)!!

 

どうかしちゃったのか日本!?

 

大丈夫か日本!?

 

実は、こんな法律ができてしまうくらい虐待の影響って大きいんです。

 

例えば、子どもの虐待を0にすると・・・

 

薬物乱用やうつ病患者は1/2減り

 

アルコール依存や自殺企図の患者は2/3減り、

 

静脈注射による薬物使用の患者は3/4 減ることが分かっています。

 

つまり、うつ病や薬物依存、アルコール依存、自殺企図の患者のうち半分以上が

 

子どものときに虐待を受けていたということになります。

 

こういった精神面でのマイナスが、不健康や自殺などにつながり、、

 

結果として寿命が20 年程短くなるんです(≧◇≦)

 

子どもの将来を閉じている・・・

 

これが児童虐待です。

 

ちょっと叩いたくらいで、ちょっと家の外に追い出したくらいで・・・

 

そう思うこともあると思います。

 

けれど、それが子どもの未来を閉ざしているかもしれません。

 

大人の責任重大です!!(。-`ω-)

 

今日も子育て頑張ります!

 

 

【スポンサーリンク】