子育てブログ 緑内障のパパだって子育て♪

両目とも緑内障…でも、子どもの成長はバッチリ見える!そんなたかパパが、子どもの伸ばし方、子育てのイライラ解消法などのお役立ち情報をお届けするブログです\\\\٩( 'ω' )و ////

【HELP!】子育てが辛い。助けてほしい!と思ったときに読んで欲しいメッセージ(´ω`*)

f:id:TAKA-PAPA:20200101144006j:plain


どうも、たかパパです。

 

今日は、子育てに疲れてしまったお父さん、お母さん向けに書かせていただきます。

 

子どもが泣き止まない

 

子どもが言うことをきかない

 

頭では分かっているけど子どもを褒めることができない

 

育児協力が得られない

 

などなど、子育ての悩みは尽きることがありません。

 

『どうしたらいいの?(>_<)』って思うこともたくさんあると思います。

 

今日の内容は、そんな方を助けるために産業カウンセラーなどの資格をもつたかパパからお助け情報をお届けします。

 

目次

 

全ての悩みはあなたの受け止め方が原因

人は誰しも感情を持っています。

 

悩みというのは、その感情が作り出しています。

 

 受けとめ方の違い

 

例えば、AさんとBさんが共同で進めてきた仕事で失敗をして、上司に怒られたとします。

 

Aさんは、『私にまだ伸びしろがあることを教えてくれる・・・この上司最高!』

 

と思いましたが、

 

Bさんは、『なんか、上司にいつも怒られてばかり・・・この上司とは合わないなぁ』

 

と思ったとします。

 

このとき、『上司から怒られた』という出来事は同じですが、AさんとBさんでは受け止め方が全く違います。

 

この後どうなっていくのか、Bさんは上司との関係に悩みになりますが、Aさんは上司との関係がさらに良くなる・・・そんなことが想像できます。

 

子育ての悩みは受け止め方1つで軽減できる

 

 

子育てに悩んでいる状態とは、あなたとお子さんの関係が上手くいっていないとあなた自身が感じている状態です。

 

あなた自身が子どもを100%受け入れることができているなら、イライラすることはあっても、子育てに悩むことはありません。

 

目の前で起きた出来事を、プラスに受けとめる癖をつけましょう(∩´∀`)∩

 

ただ、これには訓練が必要です。

 

日常生活で、マイナスの感情がでてくる場面があったら、『これをプラスで考えたらどういうことになるのか』と意識することを続けてみてください。

 

最初は、プラスに考えるって難しいと感じるかと思いますがんが、訓練を続けていくうちに、自然にできるようになります。

 

子どもは圧倒的に経験不足です

 

 

もう1つ知っていただきたいことがあります。

 

それは、あなた自身が子育てに悩んでいるときは、お子さん自身も悩んでいます。

 

どういうことかと言いますと、

 

あなた自身は、これまで生きてきた中で沢山のことを学んでいます。

 

だから、全て本能のままに行動することは危険であることをよく知っています。

 

ところが、お子さんは、経験が少なく未熟なため、自分の本能で行動しようとします。

 

つまり、お子さんは本能に従って行動しようとするのに、親は本能で動いてはいけないと知っているので、それを止めようとする・・・だから、お子さんは自分の思いどおりにならずに悩むということです。

 

これは、子育ての場面で非常に多くみられます。

 

お子さんが誤飲したり、転落事故が起こってしまうのは、このためです。

 

そう、お子さんは、圧倒的に経験不足なんです。

 

あなたが、子どもにストレスを感じている瞬間は、お子さんが成長するかしないかの分岐点でもあります。

 

ここを上手にクリアできると、お子さんは伸びるので子育ての負担は軽減されます。

 

この分岐点でのお子さんとのかかわり方については、明日このブログで紹介いたします。

 

 

【スポンサーリンク】