子育てブログ 緑内障のパパだって子育て♪

両目とも緑内障…でも、子どもの成長はバッチリ見える!そんなたかパパが、子どもの伸ばし方、子育てのイライラ解消法などのお役立ち情報をお届けするブログです\\\\٩( 'ω' )و ////

【知っトク!】幼児教育が人生を変える!?幼児教育・保育の無償化の裏側!(;゚Д゚)【IQ・基礎学力編】

f:id:TAKA-PAPA:20200113170141j:plain


どうも!たかパパです!

 

昨年、話題になったこととの1つに挙げられるは、消費税率の引き上げですね( ;´Д`)

 

それで、この税の引き上げ分・・・何に使うのかなぁと思っていたら、幼児教育・保育の無償化などの社会保障を充実させる、みたいな話です。

 

でも、ここで1つの疑問が出てきます。

 

あれ?国にお金がないから、国の借金を返すために消費税を上げるんじゃなかった?(。´・ω・)?

 

って言うか、お金ないから消費税を上げてるのに・・・

 

それ使っちゃったら増税の意味ないだろ!(;゚Д゚)

 

・・・子育てしてる身としては嬉しいけど(・∀・)

 

みたいな話です(笑)

 

でも、この政策、よくよく調べてみると実は将来の日本への投資なのかもしれません。

 

今回は2日間にわたり、その理由をズバリ!解説していきます(∩´∀`)∩

 

 

幼児教育が人生を変える!?

 

ジェームズ・ヘックマン教授の研究結果

 

皆さんは、ジェームズ・ヘックマン教授ってご存知ですか?

 

ジェームズ・ヘックマンは、アメリカのシカゴ大学の経済学者で、2000年にノーベル経済学賞も受賞している凄い先生ですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

このヘックマン教授が行った研究結果が、凄いんです!

 

ヘックマン教授が行った研究を一言でいうと、

 

『幼児教育を受けたお子さんと、受けていないお子さんのその後を比較してみた』

 

です。

 

この研究結果を見て、たかパパ的に思うことは1つ。

 

幼児教育、超重要!!((((;゚Д゚))))

 

です。

 

なぜ、幼児教育、超重要!!((((;゚Д゚))))なのか、その理由を見ていきましょう。

 

幼児教育でIQが向上する!?

 幼児教育を受けたお子さんと、受けなかったお子さんのIQ(知能指数)に関する結果は次のとおりです。

 

1.5歳時点でIQが90以上ある割合

 ・幼児教育あり 67%  ・幼児教育なし 28%

 

つまり、幼児教育を受けたお子さんは、受けてないお子さんの2~3倍も知能が高いというわけなんです。

 

ただ、この理由は考えてみれば、そうだよなぁ~という感じです(*´ω`*)
 

例えば、幼児教育を受けているお子さんは、幼稚園で歌の時間や絵の時間、ひらがなの時間や英語の時間などのたくさんの教育を受けています。

f:id:TAKA-PAPA:20200113170552p:plain


 

幼児教育を受けていないお子さんは、こういった教育を受けていません。

 

つまり、経験や学習量がそもそも違うんです。

 

でも、この経験や学習量の差・・・埋まる時期が訪れます。

 

義務教育のスタートです。

 

義務教育で幼児教育の効果が無くなる??

 義務教育がスタートすると、時間の経過とともに幼児教育を受けているお子さんと受けていないお子さんのIQの差はなくなっていきます。

 

1.5歳男児のIQの平均 ⇒ 10歳男児のIQの平均

 ・幼児教育あり 95.4 ⇒ 83.7

 ・幼児教育なし 84.8 ⇒ 86.0

2.5歳女児のIQの平均 ⇒ 10歳女児のIQの平均

 ・幼児教育あり 94.3 ⇒ 86.8

 ・幼児教育なし 81.7 ⇒ 81.8

 

フムフムって・・・

 

男児、逆転されてるじゃん!!(;゚Д゚)

 

いや、仮にですよ!仮に、

 

私が小学生の時に、授業でこの話をヘックマン教授から聞いたとするじゃないですか。

 

そしたら、

 

クラスメイト「先生、幼児教育、受けてないヤツの方が頭いいって結果でしょ。

 

だから・・・

 

幼児教育なんて、意味ないと思いま~す(゚Д゚)ノ

 

とか言っちゃう、クラスメイトいそう(笑)

 

もし、そういうクラスメイトが出てきたら、ヘックマン教授は、

 

ヘックマン教授「実はね、この話には続きがあるんだ(。-`ω-)」

 

って答えるんだろうなぁ(≧▽≦)

 

幼児教育の真価、これぞ幼児教育最大のメリット

 ヘックマン教授「まずは、これを見てくれ」

 

1.14歳時点での基礎学力

 ・幼児教育あり 49%  ・幼児教育なし 15%

 

クラスメイト「これが何か(。´・ω・)?」

 

ヘックマン教授「君は、これを見て不思議に思わないかね?」

 

クラスメイト「幼児教育ありの方が基礎学力が高いですね。」

 

ヘックマン教授「そう。さっき、君は幼児教育に意味は無いと言ったが、ちゃんと意味はあるんだよ。」

 

小学生のたかパパ「つまり、幼児教育からは、やる気とか粘り強さを学ぶってことですね。頑張ることを覚えるから、IQは同じでも基礎学力が高くなる・・・そういうことですね(。-`ω-)」 

f:id:TAKA-PAPA:20200113170705p:plain

ヘックマン教授「そ、そうだね・・・(何なんだ、この小学生は!)その、やる気とか粘り強さのことを非認知能力と言うんだよ」

 

ハイ、たかパパ調子に乗りました・・・スミマセンm(_ _)m

 

つまり、幼児教育は、非認知能力を上げるために必要ということです。

 

では、この非認知能力を上げると人生がどう変わるのか!

 

続きは、明日のブログで。 

 

まとめ

1.幼児教育で上昇したIQは、10歳ごろまでに幼児教育なしと同等になる。

2.幼児教育を受けると非認知能力が上昇するため、幼児教育を受けていないお子さんより学力が高くなる。

 

 

【スポンサーリンク】