子育てブログ 緑内障のパパだって子育て♪

両目とも緑内障…でも、子どもの成長はバッチリ見える!そんなたかパパが、子どもの伸ばし方、子育てのイライラ解消法などのお役立ち情報をお届けするブログです\\\\٩( 'ω' )و ////

【知っトク!】預金額倍増も夢じゃない!?こんなお金のため方があった!( ゚Д゚)【知識編】

f:id:TAKA-PAPA:20200116000700j:plain


どうも!たかパパです!

 

今回は、いつもと趣向を変えて、お金のため方について書いていきます。

 

えっ??何でお金(。´・ω・)?

 

と思った方。

 

子育てには、お金がかかるんです(; ・`д・´)

 

・・・って言われなくても、かってますよネ(/ω・\)チラッ

 

そこで、今日は、子供の将来のためにお金を貯めるならコレだ!っていうのをご紹介します(・∀・)

 

預金額倍増?そんなウマい話が・・・あるんです(;゚Д゚)

 

順序だてて説明していきますね!

 

まず『お金を貯める』という言葉から連想されるのは、

 

やっぱり、預金でしょうか(。-∀-)

 

まずは、銀行に預金すると、どれだけお金が貯まるのか・・・

 

そんなところから、話をスタートしていきます!

 

 

銀行への預金

普通預金金利

 2020年の普通預金金利を調べてみました。

 

栄えある第1位は『あおぞら銀行』の金利で0.200%でした(∩´∀`)∩

 

金利0.200%というと、100万円預けておいて、年間で2,000円の利子がつく計算です。

 

これは、普通預金としては圧倒的に優秀で、大手の銀行の普通預金だけでなく、他の銀行の定期預金よりも利率が良かったりします(´゚д゚`)

 

貯蓄はまだ考えていない、貯蓄する余裕はないという方には、お勧めです。

日銀に預金をする銀行のイラスト 

定期預金の金利

 つづいて、定期預金の金利を調べてみました。

 

2020年の定期預金の金利(1年間)を調べてみると、

 

栄えある1位は、金利0.250%の『じぶん銀行』でした(∩´∀`)∩

 

金利0.250%というと、100万円預けて、年間2,500円の利子がつく計算です。

 

あおぞら銀行普通預金金利を見てしまうと、

 

なんだ、普通預金と大して変わらないじゃない!(。´・ω・)?

 

と思われる方もいるかもしれません。

 

ですが、結論から言うと『あおぞら銀行普通預金金利が異常なくらい高い』だけで、他の銀行の定期預金の金利と比べると、やはり頭1つ抜けている印象です。

 

定期預金では、預金額を大きくしたり、預ける期間を長くすることで、更に高い金利でお金を預かってもらうことができます。

 

それでも、金利0.500%を超えるのがやっと・・・というのが実情のようです。

 

たかパパ流、預金の仕方

こんな感じなので、私は定期預金をほとんどしていません。

 

仮に、100万円のお金を定期預金で倍に増やそうと思ったら、金利0.500%と仮定しても200年近くかかってしまいます。

 

これでは、預金を倍にする前に天国に召されてしまいます(=_=)

 

そこで、たかパパは、保険の仕組みを使ってお金を貯めるということをやっています。

積み立てのイラスト(男性) 

保険の仕組みを使ってお金を貯める理由

なぜ、保険の仕組みを使ってお金を貯めるのか。

 

ポイントは『保険』にあります。

 

保険の仕組みを使ってお金を貯めようとするときには、最初に目標金額を決めます。

 

たかパパは日本円に換算して700万円を10年で貯めることを目標にしています。

 

でも、人生何が起こるか分かりません。

 

例えば、たかパパが100万円支払ったところで、事故で働けなくなったとします。

 

ただ、たかパパは保険の仕組みを使って積み立てていたので、未払いの600万円の支払いは免除され、保険金700万円を受け取ることができます。

 

預金の場合は、700万円自分で貯めないと700万円受け取ることはできないことを考えると、これは大きなメリットになります。

 

これが保険の仕組みを使う理由です。

 

解約したときに戻ってくるお金が大きい

 私が10年で700万円を払いきったときに解約すると、実は返ってくる金額は630万円しかありません。

 

これが保険で貯めるデメリットで、支払い開始から14年間は解約すると損をします。

 

ところが、15年目以降まで解約せずにいるとどうなるか・・・

 

15年目に解約で約713万円

20年目に解約で約800万円

30年目に解約で約990万円

 

と、こんな増え方をします。支払が終わってから10年置いておくだけで、100万円増えるっていうのもインパクトありますね。

通帳を見て喜ぶ人のイラスト(女性) 

そして、56年目に解約で、約1,406万円と預けた金額の2倍以上の額が返ってきます。

 

今は、人生100年の時代。

 

1,400万円まで56年なら、たかパパでも望みはありそうです。

 

ここまで話を読んで、

 

保険の仕組みを使うのは分かった、けど、実際のところ、たかパパはどんな保険の契約をしているのか知りたい。

 

もちろん、お伝えしちゃいます!・・・明日ね(笑)

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】