子育てブログ 緑内障のパパだって子育て♪

両目とも緑内障…でも、子どもの成長はバッチリ見える!そんなたかパパが、子どもの伸ばし方、子育てのイライラ解消法などのお役立ち情報をお届けするブログです\\\\٩( 'ω' )و ////

【知っトク!】早く何とかしたい!そう思ったら、調べるより先にやることがあります。問題解決の思考法の話!

 

f:id:TAKA-PAPA:20200125172710j:plain

どうも!たかパパです!

 

生きていれば、誰だって悩みはありますよね(´・ω・`)

 

たかパパだって、悩みの1つや2つ・・・いや、もっとかな(。´・ω・)?

 

くらいあります(笑)

 

もし、悩みを早く解決できたとしたら、気持ちが楽になりますよね(・∀・)

 

そこで、今日は、悩みを早く解決するとっておきの方法をお伝えします!

 

では、さっそく行ってみましょう(∩´∀`)∩

 

 

 

インターネット検索の罠

 問題解決がスムーズにいかないワケ

 

 問題解決がスムーズにいかないのには、ちゃんと理由があります。

 

答えは、『いきなり調べ始めるから』です。

 インターネットがつながらない人のイラスト 

えっ?だって、早く何とかしたいって思ってるんだから、調べないと分からないでしょ!(。´・ω・)?

 

そう思いますよね。

 

では、具体例を挙げて説明します。

 

夜泣き

 A君は、もうすぐ3歳の誕生日を迎える男の子です。

 

元気にすくすく育っていましたが、A君の両親には1つだけ心配なことがありました。

 

それは、毎日A君が夜泣きをすることです(ノД`)・゜・。

 

あまりに夜泣きがひどいので、A君のママはインターネットで夜泣きの原因を調べてみることにしました。

 

すると、愛情遮断症候群という文字が目に入ってきました。

 

記事を読むと、愛情不足が原因で夜泣きが起こることがあるとのこと。

 エイプリルフールに驚く女性のイラスト 

A君ママ「そう言えば、最近ちゃんと子どもを見てあげられていないなぁ(。´・ω・)」

 

そう思って、更に記事を読み進めると、今度は、夜驚症(やきょうしょう)という文字が目に飛び込んできました。

 

A君ママ「夜驚症って何?フムフム、睡眠不足起こる障害なのね。ちゃんと寝れてないのかなぁ。一回病院に連れて行った方がいいのかなぁ」

 

・・・いかがでしたでしょうか。A君のママが不安をどんどん大きくしていく様子が理解できたのではないでしょうか。

 

いきなり調べ始めると、たくさんの情報が自分に入ってくることになります。

 

すると、この事例のように必要以上に不安になることだってあるんです。

   

インターネット検索のロジック(プチ知っトク!)

 A君のママのように、夜泣きで困っている親は、最初に「病気」を疑うことが多くなるため、インターネットで夜泣きを検索するときは、自然と夜泣きと病気をセットにして検索をかける方が多くなります。

 

すると、インターネット検索のAIの特徴である、「検索結果は閲覧されている信頼度の高い情報の順番に並び替える」が働き、「夜泣き」を検索すると、夜泣きと病気がセットになったページが検索結果の上位にくるようになっています。

 

つまり、たかパパが何気なく「夜泣き」について調べようと、インターネット検索をかけると、検索結果の上位に表示されるのは、「夜泣き」と「病気」がセットになったページが表示されるため、

 

うちの子、病気かもしれない!( ゚Д゚)

 

となってしまう訳です。

 

調べた情報に惑わされない思考法

 では、情報に踊らされないためには、どうしたら良いのでしょうか。

 

結論から言います「仮説を立てること」です。

 考える人のイラスト 

大事な事なので、2回言います(笑)

 

インターネットで調べる前に、今起こっている状況を整理して考え、

 

何が原因なのかについて、仮説を立てるんです。

 

仮説を立てるこんなに違う

A君の夜泣きのことで、A君ママは仮説を立てみました。

 

A君ママ「そう言えば、最近寝る前にオレンジジュースを飲むようになったなぁ・・・。あ!夜中、オムツ変えてないから、オムツがパンパンなのかも。」

 

その夜、A君ママは、いつものとおり夜泣きをするA君を見て、オムツをチェックします。

 

A君ママ「あ、オムツがパンパンで、おしっこちょっと漏れてる!下着も少し濡れてる・・・ひょっとして、これが冷たくて夜泣きしてたのかも!」

 

次の日の夜、A君ママは寝る前にA君にオレンジジュースを飲ませるのをやめ、オムツを交換してから寝かせるようにしました。

 オムツを替える母親のイラスト 

すると、その日からA君が夜泣きしなくなったのです!

 

・・・これが、仮説を立てるということの効果です。

 

実は、このA君の話は、うちの長男あっくんの夜泣きをモデルにつくった、実話(話を分かりやすくるために、多少フェイクは入っています)なんです。

 

仮説を立てることは、問題解決を早くすること

 仮説を立てると、インターネットで調べた情報に踊らされることなく、余計な不安にさらされることもなく、しかも短時間で問題を解決することができるようになります。

 

これは、子育てだけではなく、仕事にも役立つ方法です。

 

『情報を集める前に、仮説を立てる』は、問題解決の効率を劇的にあげてくれますので、ぜひお試しください。

 

仮説を立てることに興味を持った方、具体的に仮説を立てる方法を学びたい方は、たかパパ絶賛のお勧め1冊『イシューからはじめよ』を読んでみてください。

 

この1冊で問題の把握から解決までのプロセスを学ぶことができます。

 

 

 

 

【スポンサーリンク】