子育てブログ 緑内障のパパだって子育て♪

両目とも緑内障…でも、子どもの成長はバッチリ見える!そんなたかパパが、子どもの伸ばし方、子育てのイライラ解消法などのお役立ち情報をお届けするブログです\\\\٩( 'ω' )و ////

【知っトク!】人生に疲れた、人生が楽しくない・・・受けとめ方を変えるだけで人生は好転します(∩´∀`)∩!?

f:id:TAKA-PAPA:20200127192221j:plain


どうも!たかパパです!

 

今日は、昨日の予告どおり、『受けとめ方を変える方法』についてお伝えします!

 

受けとめ方を変えると物の見方が大きく変わります。

 

分かりやすくするために、あえて誇張して言うなら、

 

『私の人生、最悪(ノД`)・゜・。』が『私の人生、バラ色!(∩´∀`)∩』にまで変わることもあります。

 

人生バラ色にするために、早速、内容に入っていきましょう!(・∀・)

 

 

真実はいつも1つ!

 どこかの名探偵が言いそうなセリフですが、この言葉、実は奥が深いです。

 

人がいかに受けとめ方に人生を左右されているかが分かるからです。

 

例えば、目の前に生ビールの半分入った中ジョッキがあったとします。

ビールのイラスト「ジョッキビール」 

でも、不思議なことに、これを見ている人の受けとめ方は違います。

 

ある人は『まだ生ビールが半分も残っている』と受けとめるし、

 

ある人は『もう生ビールが半分しか残っていない』と受けとめます。

 

また、ある人は『このビールのメーカー〇×だよな』と受けとめる人もいるし、

 

『このビール、キンキンに冷えてやがる』と受けとめる人もいます。

 

このように、人によって受けとめ方は様々です。

 

でも、目の前にあるのは『生ビールの半分入った中ジョッキ』だけです。

 

真実はいつも1つなんです!

 

受けとめ方を変えれば人生は好転する!?

 出来事は変えられない

 

 目の前の真実が1つなら、受け止め方を変えるだけで人生は好転します。

 

というか、目の前で起きている出来事は変えることができないので、受けとめ方を変えるしか人生を好転させる方法はありません。

 

例えば、停留所にバスが止まっていたとします。

 

バスが止まっていれば、それを『動いている』状態で見ることはできません。

 

止まっているバスは、誰が見ても止まってます。

 

止まっているバスを見て、『あのバスは動いているのだ!』と言っている人がいたとすれば、その人は止まっているバスを見て『動いている』と感じているだけです。

修学旅行のイラスト「バス移動」 

繰り返しますが、止まっているバスは、誰が見ても止まってます(´・ω・`)

 

これが『目の前で起きている出来事は変えられない』ということです。

 

受けとめ方を変える効果

 目の前の出来事は変えられません。

 

ですので、変えられるのは『受けとめ方』だけということになります。

 

では、受けとめ方を変えると、どれくらい人生が変わるのでしょうか。

 

一つ、例を挙げてみます。

 

ZさんはA株式会社の平社員です。

 

仕事も順調で、とくに仕事自体には不満はありませんでした。

 

ところが、今年4月、同期で入社したBさんが、人事異動で昇進し係長になることが分かりました。

 

Zさんは「仕事だってBには負けていない。なのに何であいつが先に昇進するんだ(゚Д゚)ノ」と思ってしまいます。

 

更には、「あいつは課長にゴマをすっているから、早く係長になれたんだ!」と文句を言うくらい気持ちが悪い方向に向いてしまいました。

 

一方で、このBさんの昇進を見ていた人が、もう一人いました。

 

BさんとZさんと同期の平社員Yさんです。

 

Yさんは、Bさんが係長に昇進したのを見て「Bさんは、凄い!俺も頑張らなきゃ!」と思いました。

感動する男性のイラスト 

さらにYさんは、「Bさんは、課長と相談しながら仕事をしているもんな。課長は仕事できるし、Bさんはそれに応えてきた。係長になるのは当然だ」と考えました。

 

・・・いかがでしたでしょうか。

 

ZさんとYさんの受けとめ方、目の前の出来事は同じでも、全く違いますよね。

 

この例でZさんとYさんの目の前で起こったことは、『Bさんは課長と相談しながら仕事を進め、結果を出した。』ことと、『Bさんが係長に昇進が決まった』ことです。

 

受けとめ方で、これだけ気持ちに差が生まれます。

 

受けとめ方って、それだけ大事なんです(・∀・)

 

受けとめ方を変えるコツ

 受けとめ方を変えるコツは、視点を変えることです。

 

長所は短所、短所は長所と言うように、

 

悪く受けとめているときは、必ず良く受けとめる視点が存在します。

 

先ほどの生ビールの中ジョッキの例を使うなら、

 

『もう生ビールが半分しか残っていない。飲み終わってしまう…』は悪く受けとめていますが、

 

視点を変えれば、『まだ生ビールが半分も残っている!まだ飲める!』と受けとめられると良く受けとめることもできます。

 

『もう無い』より『まだある』の方が生ビールを楽しく飲めそうですよね(*´∇`*)

 

このように、マイナスの受けとめ方をプラスの受けとめに変えるコツは、自分が嫌な気持ちになったときに、

 

『これ嫌だなぁ。でも、これって視点を変えると、どういことだろう?』と考えてみることです。

 

例えば、上司に叱られて『なんで怒られなきゃいけないんだ』と嫌な気持ちになったとき、

 

『でも、これって視点を変えると、どういうことだろう?』と考えてみます。

 

すると『叱られるってことは、俺、上司に期待されてる!まだ伸びると思われてる!』みたいなことが思い浮かびます。

ポジティブな人のイラスト(女性) 

叱られたという事実を、ここまで前向きに受けとめることができたら、嫌な気持ちは一気に減り、明るい気持ちになってきます。

 

明るい気持ちになれば、仕事の生産性も上がり、結果もでるようになります。

 

つまり、受けとめ方を良い方向に変えるだけで、人生は好転していくという訳です。

 

まとめ

 世の中の良し悪しを決めているのは、出来事ではありません。

 

すべてあなたの受けとめ方が決めています。

 

最後に、日本にいるなら、誰もがプラスに受けとめられそうな、話をして締めたいと思います。

 

世の中には、満足にご飯を食べられない、満足に医療を受けられない、日本の生活保護とは比較にならないくらい貧しい思いをしている人も沢山います。

 

それを考えたら、日本に生まれただけでも、日本で生活できているだけでも、あなたは幸せです。

 

せっかく生まれてきたんです!

 

楽しく人生を過ごしましょう!(∩´∀`)∩

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】